ひざサポートコラーゲンを定期購入する前に有効性は本当にあるのか?

ひざサポートコラーゲンを定期購入してつづけても、利用者全員が同じように効くとは限りません。

機能性表示食品の意義と医薬品との違いを知っておきましょう。

■医薬品の効果とは違う機能性表示食品。

ひざサポートコラーゲンは、その有効性の根拠というものが、はっきりと示せるようになった製品です。

青汁で有名になったメーカーですが、現在では機能性表示食品の認定を受けたことで、「効果があるとされる根拠、機能性」を広告などで説明できるようになりました。

ただしこの機能性表示食品の認定というのは、ひざサポートコラーゲンのメーカーが自主的に消費者庁に提出した資料に基づくもので、消費者庁や厚生労働省が試験や検査を行って認可した医薬品などとは異なります。

■外部の科学者が極秘裏に検証した結果。

機能性表示食品として認められるには、根拠となる査読可能な論文や臨床実験の証明が必要で、それらのすべてを外部の科学者が検証して認める形です。

外部の科学者は、ひざサポートコラーゲンの関係者には名前などの情報が一切知らされません。

提出された資料を極秘裏に検査し、裏付けをとっていきます。

いわゆる第三者の証明をもって、これなら機能性表示食品に値するとなったものが認可されます。

認可されると消費者に機能性(効果があると思われる機能や作用)を説明できるので、消費者はその製品をより確かな情報の元で選ぶことが可能になります。

■ひざサポートコラーゲンが機能性表示食品の資格を得たといっても、「だから医薬品のように効く」というものではありません。

ひざサポートコラーゲンの有効性は認められていても、効き方には個人差があります。

究極は定期購入で数ヶ月つづけてみて、膝関節の痛みや屈伸度合いがどうなったかを自分で判断するしかありません。

そこが医薬品とは違うところです。

※お役立ちページ⇒https://medley.life/news/item/56b13aed951ee8f6008b456e