ひざサポートコラーゲンが「予防・治療を目的としない」というのは?

ひざサポートコラーゲンを摂取しつづければ膝の痛みは緩和されるのに、なぜ治療目的とは言えないの?そんなふうに思う人も多いはずです。

理由を考えてみましょう。

■予防や治療と勘違いしても仕方のない一面。

ひざサポートコラーゲンが「予防・治療を目的としない」となっているのは、医薬品ではないからです。

それは但し書きにある通りです。

ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品といって、医薬品とは異なる区分けがされています。

疾病の診断や治療、予防を目的にできるのは医薬品だけで、特定保健用食品もそれは同じです。

ただし実際のところ、ひざサポートコラーゲンを利用することで膝関節の曲げ伸ばしが楽になったり痛みが緩和されたりするわけですから、一般的な感覚では予防・治療と同じように捉えられても無理はありません。

■膝の痛みや屈伸の不自由は他の理由でも。

ひざサポートコラーゲンを拡大解釈して、膝の痛みや関節の曲げ伸ばしが不自由でも「ひざサポートコラーゲンがあるから大丈夫」と間違った認識をしてしまったら、たいへんなことになります。

膝関節の病気は、そのような症状で治まらないこともあるからです。

〇関連内容紹介…膝の痛みや違和感…膝が痛いとき考えられる9つの原因 [骨・筋肉・関節の病気] All About

重大な病気を引き起こしていて、それが原因で不自由を余儀なくされている場合もあります。

腫瘍ができているのに単なるコラーゲン不足と勝手に解釈していたら、命にかかわるところまで悪化させてしまいます。

■ひざサポートコラーゲンが効くとか効かないとかは別にして、まず医師の診断を受けることが大事です。

単なるコラーゲン不足ではない可能性もあります。

たとえば変形膝関節症の場合、関節そのものが変形していて痛みを生じているので、いくらひざサポートコラーゲンを摂取しても限界があるといった事例もあります。

健康補助食品としての正しい用法を認識すべきです。

ひざサポートコラーゲンは、あくまでもコラーゲンを補助することが目的です。